Return to the FF11!!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Return to the FF11 !!

FF11復帰勢のblogです

FF15の国内初週販売本数が69万で爆死か!? 国内エフエフブランドが崩壊した理由

f:id:ff11return:20161208180418j:plain
「FINAL FANTASY XV」の初週販売数は合計69万4000本。「スーパーマリオメーカー」「ウォッチドッグス 2」などもランクインの「週間販売ランキング+」 - 4Gamer.net

復帰勢です。

FF15発売日から6日が過ぎ、国内での初週販売本数が公開された。

FFシリーズ国内販売本数
FF7 初週202万本 累計328万本
FF8 初週250万本 累計369万本
FF9 初週195万本 累計282万本
FF10 初週175万本 累計235万本+約30万本(インターナショナル版)
FF12 初週184万本 累計232万本+約13万本(インターナショナル版)
FF13 初週151万本 累計193万本(アルティメットヒッツ版と合算)
FF15 初週69万本 累計???

これをふまえて FF7~FF15(オンゲーのFF11とFF14は除く)の国内の初週と累計販売を記載してみた。初週とはFFが販売されてから1週間(7日)以内に発表された販売本数。必ずしも発売日から同じ日の数値ではなく、例えばFF13は発売から4日、今回のFF15だと発売から6日で発表された。一方、累計とは1月の合計、1月+2月の合計、1月+2月+3月の合計のように合計を積み重ねていったものを累計という。従って、FF15の累計は???にしている。

f:id:ff11return:20161208191721j:plain

※なおXbox版も発売されていたが3791本であった。

 さて、初週の数字だけ見ると過去作に比べてあからさまに販売本数が落ちており、ネット上では事実上の爆死と言われてる。しかし、僕は販売本数以上にFF15が与えた印象の悪さがFF離れをより加速させていくと感じている。

まずは「未完成のものを売りつけたという不信感」が強い。

f:id:ff11return:20161208125520j:plain

「必要なことはやりつくした」このような広告を出しておきながら、今後もFF15のアップデードが短期、中期、長期にわけて無料提供されることが公式HPで発表された。

jp.ign.com

FF15は1度販売を延期している。その際、ドイツ・ケルンで開催されたgamescom 2016でIGNのインタビューに答えたFF15の田畑端ディレクターは「Day 1パッチに収録したいと考えていたもの全てをディスク版にいれるには、大体一カ月かかる。その期間で技術的な面もほぼ調整することができる」と田畑氏は説明していた。「技術的な面を完成させて、何の問題もない状態になったら、残り1カ月で全てを磨きあげて、本当に良い作品に仕上げることができるはずです。これが2カ月かかる理由です。」の述べているが結局はできなかったようである。

また「世の中にはインターネットに接続していなくて、オフラインの環境でプレイしている人がおそらく沢山いるということを知りました。今思うと、そのことに気がつき、この決断を下してよかったと思います。」とも述べている。購入者でネット環境がない人に対して、このアップデートはどう対応するのだろうか。無料ディスクでも配布するのだろうか?それともオフラインのユーザーは切り捨てるのだろうか?この対応にも注目したい所だ。

f:id:ff11return:20161208125935j:plain

アップデートロードマップについて | FINAL FANTASY XV (ファイナルファンタジー15) | SQUARE ENIX 

f:id:ff11return:20161208130459j:plain先ほどアップデートロードマップとやらを公式HPにて確認してみた。僕が特に気になったのは短期目標の部分。「まず、チャプター13のゲームプレイの満足度をさらに高めます。そのために、指輪魔法の威力を大幅アップさせるなど、すでに多くの強化に着手しています。強化内容の詳細や提供時期については後日改めてお知らせします。」との記載があった。聞こえがよく書かれているが、公式自らがチャプター13は未完成だということを認めている。

FF15のチャプターは1~ 15まであり、チャプター13は物語の終盤である。序盤は賛否両論あったが、チャプター13に関しては無駄に長いようで「やっぱ、つれぇわ」「クソすぎwww」などとネットでは言われていた。上のツイートのように物語の後半になればなるほどクソゲーだという意見が目立った。

驚くべきことにFF15のキャラクターに登場した声優ですらチャプター13の内容には満足していない。チャプター13の酷さは、スターラジオーシャン 第49回 中村悠一,マフィア梶田(2016年12月07日) - YouTubeでも知ることができる。FF15の話は4分~。

FF15のキャラクターのレイヴス役の声優である中村悠一氏によると「このチャプター13を作ったヤツは俺許さんからな」(上動画5:23)と述べている。半分冗談混じりではあるもののチャプター13に不満はあったのは間違いないだろう。

 

他にも田畑氏の失言、フラゲやバグ祭り、発売後も海外メディアの圧力やネット工作疑惑など、まるで冬の大掃除のホコリのように次から次へと疑惑が浮上している。

f:id:ff11return:20161208154132j:plain

僕が悔しいのは、体裁を気にするあまり消費者を騙すような工作に頭を巡らせていることである。公式サイトでは「ファイナルファンタジーXV」の販売本数が、発売初日で500万本を突破!!海外レビューも好評価!! | FINAL FANTASY XV (ファイナルファンタジー15) | SQUARE ENIXとの記載があった。しかし、下の注釈に「パッケージ初回出荷本数とダウンロードの販売数の合計」との記載がある。販売本数と書かれているが、実際はパッケージの初回出荷本数+ダウンロードの販売数の合計なのである。

出荷本数は水増しできても、北米ではプライスプロテクションによって返金措置を取らなければいけない。つまり、売れる見込みのない商品を出荷実績として計上しても後から特別損失が発生する。

プライスプロテクションとはソフトメーカー公認の値下げのこと。日本のゲーム市場には返品制度が存在しない。つまり、その日本ではソフトが大ヒットして売り切れになろうが、ワゴンセールの捨値で販売されようが、その後の入荷数には影響するだろうがスクエニの利益には一切関係ない。

しかし、小売店の力が強い北米では事情が違う。アメリカでのソフト販売は、スクエニが小売店に委託販売(第三者に代理購入してもらうこと)をしてもらっているような立場である。ゆえに北米では出荷しただけではスクエニの売上げにはならず、 ユーザーにソフトを購入してもらって初めて売上げが確定する。もしも北米の小売店が大量の在庫を抱えた場合、日本とは違いスクエニ側に「値下げしないと返品する」と要求することが可能になる。

たいていのソフトメーカーは「返品より値下げがまし」と考えるため、 値下げを受け入れる。この値下げを、アメリカの小売店全てを対象に行うことをプライスプロテクションと呼ぶ。値下げした分の差額はソフトメーカーが保障することになる。場合によっては保障がとんでもない額になることもある。

 

どちらにせよ、このような商売をしては先が見えている。日本人はゲームの出来に失望しているものが多いが、僕はこのような手法に失望した。作品に魅力があり体験版の出来がよければ、ブランドの確立していたFFならばもっと売れていたはずである。何度もブログで述べているが、不正や誤魔化し(ごまかし)はこのネット時代、遅かれ早かれバレる。優秀な人材を抱えていながら小手先の誤魔化しで目先の利益しか見えない上層部の一部が変わらない限りはFFブランドの再建は難しいだろう。

f:id:ff11return:20161208190948j:plain
↑バグ祭りのお陰で無駄にイグニスに愛着が沸いた復帰勢であった。

さて、プレイ中のFF15であるがキャプチャー5まで終えた。プレイ時間はすでに24時間ほど。寄り道もあり、すでにLv44に達している。正直キャプチャー5までは悪くない。サブクエストなど僕が戦闘好きということもあり楽しめている。スカスカと言われているが、サブクエストは多く、寄り道をすれば多くの時間を費やすことになる。今週中に悪評のチャプター13まで一気に進めるつもりだ。

f:id:ff11return:20161208164849j:plainhttp://i.imgur.com/xqmGFEu.jpg

FF15の発売から1週間程度で新品が5980円と約32%引。買取は3100円となっている店(ゲオ)もある。

f:id:ff11return:20161208184720j:plain

レビューが荒れていると話題のアマゾンでも ファイナルファンタジー XV 初回生産特典 武器「正宗/FINAL FANTASY XVオリジナルモデル」アイテムコード同梱 - PS4(新品)はたった1週間で27%引きにまで落ちている。今回発表された初週の販売数から考えると更なる値下げが予想できる。正月の福袋入りやワゴンセールの日もそう遠くないだろう。本日紹介したアップデートもある。購入を迷っている人はしばらくは待つことをおススメする。

dengekionline.com

↑電撃オンラインによると国内販売本数69.1万本で消化率60%。国内出荷数は逆算で115万本になる。つまり45万本近くの新品が売れていない。初動系のFFで45万の新品在庫。あとはわかるな・・・?

 

↓ 元ネタはFF15の物語(ストーリー)を進めていくとわかるらしい

f:id:ff11return:20161208194448j:plain

復帰勢「もうすぐクリアだ…Lvも44に達している…まだ買取価格だって4500円だ…」
グラディオラス「お前何様だよ!」
復帰勢「おいィ?」
グラディオラス「ゲオには寄らねえぞ。いいかげん切り替えらんねえのか!!」
復帰勢「…切り替えたから売るつもりなんだが?」
グラディオラス「切り替えた奴が、今一番大変なアルティメットエディションを定価で買ったイグニスに声のひとつもかけられねえのか!!」
復帰勢「その汚い手を離すんだな」
グラディオラス「通常版をいち早く売り抜けか。お前がこのブログでみんなに薦めたんだろうが!それで責任が果たせんのか!」
復帰勢「んなことは解かってるぞ。だが以前から値下がるので待っておくことを僕はおススメしていた。それを理解していて何時(いつ)買うのはお前らの自由だ。」
グラディオラス「解かってねえ!イグニスはアルティメットエディションだぞ!税込み35000円で購入したんだぞ!それだけあれば俺の好きなカップヌードルが200食くらい買えるんだぞ!」
復帰勢「おいィ!?やめろ、グラディオ!」
グラディオラス「…チッ。ネタバレ見て速攻クリアで売り抜け予定かよ。クズが!」
復帰勢「…貴様ッ!」
プロンプト「やめなよ!2人共」
復帰勢「…ゎかってんだよ!全部!」
グラディオラス「だったらみんながクリアするのを待て!この大馬鹿野郎!」
カカッ!カカカカカッ!
プロンプト「あっ…復帰勢がゲオ内に!」
グラディオラス「あいつッ!」
いたいけな子供「あのおじちゃん達、怖いよぉ…」
母親「シッ!見ちゃダメよ。」
復帰勢「おいィ?買取価格が4500円だと聞いたんだが?
ゲオ店員「ゲオ●●店にいつもご来店ありがとうございます。申し訳ございません。FF15の買い取り価格が3100円に下がりました。」
復帰勢「やっぱつれぇわ」
プロンプト「そりゃつれぇでしょ
グラディオラス「言えたじゃないか」
イグニス「・・・聞けてよかった。」

 

 


 ファイナルファンタジー XV 初回生産特典 武器「正宗/FINAL FANTASY XVオリジナルモデル」アイテムコード同梱 - PS4

  


ファイナルファンタジー XV デラックスエディション 初回生産特典 武器・衣装・レガリアカラーリングアイテムコード同梱+ドラマCD付&【Amazon.co.jp限定】「ゲイボルグ/FINAL FANTASY XIVモデル」特典セット付 - PS4

 


PlayStation 4 FINAL FANTASY XV LUNA EDITION (1TB)【初回生産特典】武器「正宗/FINAL FANTASY XVオリジナルモデル」アイテムコード同梱&【Amazon.co.jp限定】「ゲイボルグ/FINAL FANTASY XIVモデル」特典セット付

 

関連記事:

www.ffreturn.net

www.ffreturn.net

www.ffreturn.net

www.ffreturn.net

www.ffreturn.net

www.ffreturn.net

 

www.ffreturn.net

www.ffreturn.net

www.ffreturn.net

www.ffreturn.net