Return to the FF11!!

Return to the FF11 !!

FF11復帰勢のblogです

FF11 2017年1月バージョンアップ総合

f:id:ff11return:20170110142304j:plain

復帰勢です。

本日の2017年1月10日(火)バージョンアップが行われた。そこでバージョンアップの内容を確認していくと共に復帰勢の体験談や見解も書いてみたいと思う。良かったら見ていって欲しい。

 目次

FFXI Live Vana'diel第8回ですてぃにいと一緒


FFXI Live Vana'diel 「ですてにぃといっしょ」第八回(2017.1.10)

松井P・藤戸D・宣伝Destinyの3人が操作するキャラクターが、ヴァナ・ディールからゆる~く送る番組「ですてにぃといっしょ」。第八回目は今回の2017年1月のバージョンアップ内容についてゆる~く伝えている。なお、今月は「もぎヴァナ」がないようだ。

 

 

 バトル関連

オーメン

・一部のノートリアスモンスターに、戦利品が追加。
・「追加課題」の制限時間が延長。
・「Treasure Portent」から以下のアイテムが入手可能。
想うものの結晶/願うものの結晶/満たすものの結晶/月虹鋼/月虹布/月虹革/月虹漆/月虹石

 

アンバスケード

1章

 たいじ対象のラミアとメローは、アサルト「脱走兵武装解除指令で取得することを推奨する。ラミア、メローが6体ずつの計12体いるので確実に狩れる。ただし、物理攻撃でクリティカルを出すと武装解除になるのでクリティカルは禁止。魔法ジョブ推奨。

また、1日1回限定だがサルベージのアラパゴでも良い。

 他にはラミア、メローは多数いる生息エリアが少ない。混んでいるとpop待ちになる。確実に狩れるアサルトや1日1回限定であるがサルベージを推奨したい。

 アサルト以外であえていえば本ワープでカダーバの浮沼(G-6)まで飛び、すぐ北のアラパゴ暗礁域の中にいるラミア、メローを倒せばよい。付近にラミアが12体いるはずである。(生息地図Lamia Idolater - Vana'diel World Maps)問題はこの場所にライバルがいるとpop待ちになる可能性がある。

f:id:ff11return:20170110143725j:plain

今週の1章はラミア族。とてやさ(CL119相当※)でもラミアが3体いるのが特徴である。

(※)CLとはコンテンツレベルのこと。難易度の目安で高いほど難しい。119ならそこそこ鍛えればソロ+フェイスでも勝てる人もいるレベル。

f:id:ff11return:20170110144412j:plain

お約束の光景である^^ イーグルアイで崩れたと言っていたので、どう凌ぐかがポイントのようだ。

f:id:ff11return:20170110144759j:plain

またお供に魅了技があるようなので注意すると良いだろう。とてやさで50%以下で魅了解禁。それ以上の難易度はより早く魅了を使ってくると思われる。技使用時に後ろを向いてればOKのようだ。

f:id:ff11return:20170110144919j:plain

 

2章

f:id:ff11return:20170110165617j:plain

敵は黄色いフラン族1体。

f:id:ff11return:20170110163844j:plain

突入のためのトリガーはアモルフ系で取得可能。

f:id:ff11return:20170110163855j:plain

トリガーはエヌティエル水林がおすすめ。HPワープやウェイポイントである#4ワープを利用すると良いだろう。付近にリーチ、スライム、ナメクジ等のアモルフ系が大量にいた。

f:id:ff11return:20170110182043j:plain

復帰勢を探せ!どこにいるかわかるかな?^^ トリガーを集めて突入準備である。入り口は初日ということもあり混雑していた。しかし、アンバスケードはシュッシュオンラインの必要がなく、申請順で突入できる。待ち時間は10組で15分待ちほどであった。

f:id:ff11return:20170110165753j:plain

ただ叩いてるだけで勝利できた。難易度が上がると上位魔法を唱えたりする。

f:id:ff11return:20170110165852j:plain

 とてやさ(CL109)の場合、食事なし副武器が命中810であったが問題なく当たった。

 

ポイント「ホールマーク」と交換できる報酬の一部が変更

今回は白赤吟青剣が装備可能なアヤモ装備が追加されていた。+1の性能のみ記載しておく。全てに被ダメ-がついているのが特徴。高い命中+も確保しており殴り用に良さそうである^^ おいィ?これは復帰勢もとりにいくしかないな!

f:id:ff11return:20170110163406j:plain

NQなら足装備は累計ホールマーク130、両手装備は累計ホールマーク220で取得可能。第2章とてやさ(CL109)でも足は3回勝利、足は5回勝利で取得できる!見た目はホマム装束ぽいものだと思われる。

f:id:ff11return:20170110163510p:plain

f:id:ff11return:20170115105917j:plain


ポイント「ガラントリー」と交換できる報酬の一部が変更。

先月のホールマーク交換品であるムンム装備(モシ狩忍コ踊)に変更されていた。

 

アンバスケード装備取得へ!「ホールマーク」と「ガラントリー」の関係

アンバスケード装備取得一覧表

部位 両手 両脚 両足  
必要HM 370(5000) 1050(14500) 220(3000) 620(8500) 130(1800)
必要ガラントリー 180(2500) 500(7000) 100(1500) 300(4000) 50(800)

※HMはホールマーク、()内のポイントは+1装備

NQの足装備ならHM130もしくはガラントリー50ポイントで取得することができる。

 その週にHMで取得できる装備は、次回はガラントリーで取得することができる。つまり、今週、HMで取得できる白赤吟青剣などが装備できるアヤモ装備は、次回の2月にはガラントリーで上表のポイントを消費して取得することが可能。

 一見すると、ガラントリーの方がポイントが少ないので翌週まで待ったほうが良いのか?と思うかもしれないが、1戦で獲得できるガラントリーはHMより少ない。また、HMで取得できる装備は累計ポイントで獲得できる装備である。つまり、HMで装備を取得してもポイントは減らない。したがって、HMとガラントリーのどちらで装備を取得した方が良いかといえば、HMで交換した方がお得である。1戦で獲得できるHMとガラントリーの関係は知らないなら下記のリンクで調べて見ると良いだろう。

ホールマーク/FF11用語辞典
ガラントリー/FF11用語辞典

 なお、Aチケットが交換品に追加されていた。NQであるが取りわすれた装備等を取得しておくのも良いだろう。

f:id:ff11return:20170110183447j:plainAチケット+1も追加予定と公式フォーラムにて開発からの記載があった。実際にガラントリーと交換で入手できるようである。

f:id:ff11return:20170110230936j:plain
アンバス突入30分待ちコース。シュッシュしなくなったのでブログを書きながら待てるのである^^

 

 

バトルフィールドに、戦利品が追加。

★八つ裂き旅団/★鉄甲突撃隊/★天誅六人衆/★第11軍団独立支隊

 戦利品は新素材!?

 

フェイスに、プロパティ「ヘイスト+」が追加

※効果値は、フェイスのタイプによって変動。
マスターの平均アイテムレベルが100以上の状態で、ヘイストの効果が発揮。また、追加にともない、だいじなもの「星唄の煌めき【七奏】」を所持している際の「ヘイスト+」効果上昇。詳細は、『こちら』。

 

 

アイテム関連

・新たなアイテムが追加 → FFXI新アイテム

・新たな合成レシピが追加。新武器等が合成できるようだ。
例)アメス+1 Su2 D142 隔210 INT+30 MND+30 魔攻+16
魔法ダメージ+124 片手棍スキル+242 受け流しスキル+242 魔命スキル+215
ケアル回復量+26% リフレシュ+1 Lv99~ 白黒赤召青学風    <Itemlevel119>

・アイテム「アブダルスの焼印」の効果が変更。制限時間オーバーで退出した際も効果が継続するようになった。以前は時間切れ排出の場合、効果が消失していた。

・バトルコンテンツ「アンバスケード」を制限時間の超過で退出した際に、効果が継続。つまり、だいじなものが消えなくなったようだ。

・「モグの預り帳」に対応するアイテムが追加。以下の通り。今回追加されたアンバスケード装備に関するものである。
モグの預り帳【23】
アヤモツッケット/アヤモコラッツァ/アヤモマノポラ/アヤモコッシャレ/アヤモガンビエラ/アヤモツッケット+1/アヤモコラッツァ+1/アヤモマノポラ+1/アヤモコッシャレ+1/アヤモガンビエラ+1

 

 

システム関連

インデ系風水魔法を使用した際、コルアを展開している状態を示すアイコンが表示されるようになった。確認したかったが、現在、僕はまだ風水士は取得していない。

アイコン入りの写真付きツイートが投稿されていた。

 

 

不具合修正

・一部のNPCの台詞や、ヘルプテキストなどにおける誤記。
・バトルコンテンツ「オーメン」において、区画移動時に画面が暗転し操作不能になった場合、次の区画に移動できない。
・特定の条件下において、バトルコンテンツ「オーメン」に出現するノートリアルモンスター「GlassyThinker」が本来使用できない特殊技を使用する。
・からくり士のメリットポイント「オートマトンスキル」および装備品のプロパティ「オートマトン:スキル効果アップ」のうち、魔法戦スキルの効果が発揮されない。
・アイテム「エピオラトリー」「イドリス」を強化する際、NPC“Oboro”から完成品を受け取れない場合がある。

 

 

確認されている不具合

特定の条件下において、オートマトンの白兵戦スキル/射撃戦スキル/魔法戦スキルが上限を超えて上がるようだ。上限からどれだけ上がるかは不明。からくり祭りか?^^