Return to the FF11!!

Return to the FF11 !!

FF11復帰勢のblogです

FF11 アンバスケード2章ソロ入門 新規・復帰向け

 

復帰勢です。

先日の記事でも書いたが、青魔ソロでアンバスケードを開始した。恐らく100回近く連続で行くと飽きるかもしれないが、現状ではそこそこ楽しく遊べている。そこで、今日はソロでも遊びやすいアンバスケード2章にターゲットをあてて記事を書いてみようと思う。良かったら見ていって欲しい。

 目次

アンバスケードの始め方

下記リンク記事参照

www.ffreturn.net

 

 

アンバスケード2章の特徴

・最初は敵が1体

f:id:ff11return:20170112144646p:plain

最初は敵が1体なのが大きな特徴。コースのように途中からお供が沸いた回もある。

2017年1月までの過去データは以下の通り。

更新月 開始日 終了日 日数   アンバスケード-エキスパート
(アンバスケード大典1章)
2016年04月 2016.4.5 2016.5.10 34日間   Sombra Dragon(ドラゴン族)
2016年05月 2016.5.10 2016.6.7 27日間 Anaximander(タウルス族)
2016年06月 2016.6.7 2016.7.5 27日間 Februus(アントリオン族)
2016年07月 2016.7.5 2016.8.3 28日間 Chorister(ロック族)
2016年08月 2016.8.3 2016.9.6 33日間 Quirinus(アクロリス族)
2016年09月 2016.9.6 2016.10.11 34日間 Lycaon(ノール族)
2016年10月 2016.10.11 2016.11.10 29日間 Mnyiriオロボン族
2016年11月 2016.11.10 2016.12.13 32日間 Bohun Upasベラドンナ族
2016年12月 2016.12.13 2017.1.10 27日間 Enigmatic Hypnotistコース族
2017年1月 2017.1.10 2017.2.??  ??? Goesフラン族

 

 

・難易度5段階から選択することができ、CL(コンテンツレベル)109から挑戦できる。

 アンバスケードの最も良い点と思うのが自分の都合により難易度を選択できる点である。第2章はCL109~???まで。???はCL135とも140とも言われている。難易度が高くなるほど獲得できるポイントは増える。ソロの場合、ガラントリーは取得できない。

アンバスケード2章の獲得ポイント表

だいじなものレイヤーエリア名難易度CLホールマークガラントリー
2人3人4人5人6人
アンバスケード大典2章 アンバスケード とてもむずかしい ??? 300 30 60 90 120 150
むずかしい 124 200 20 40 60 80 100
普通 119 100 10 20 30 40 50
やさしい 114 75 5 10 15 20 25
とてもやさしい 109 50 1 2 3 4 5

 

 

アンバスケード2章の必要命中

敵LV 命中率目安
??? 1250程度
124 1000程度
119 840程度
114 840以下
109 840以下

f:id:ff11return:20170112150039j:plain

当然だが敵により必要命中は変わる。あくまでも目安である。上のステータスでふつうでは副武器(命中810)のミスが少々みられた。とてむずは戦ったことがないので数値はアンバスケード - Final Fantasy XI Wikiより引用。

 


アンバスケード2章の戦利品

アンバスケード/報酬 (FF11 Wiki)

 

 

アンバスケード2章体験記 (むずかしい青ソロとフェイス)

命中について

とてもやさしい(CL109)→ やさしい(CL114)→普通(119) までクリアできたので難しいに挑戦してみることにした。

f:id:ff11return:20170112150039j:plain

普通まではこのステータス+食事ソールスシで問題なく当たった。副武器の命中が810だったため普通(CL119)ではミスが少し目立ち、食事のソールスシを食べた。

2章むずかしい(CL124)の場合、命中が1000程度は欲しい。Wikiではもっと低い数値が書かれているが、敵により必要命中はかわる。1000以上あった方が安定するだろう。

自分の命中は、テキストコマンド /checkparam <me>で確認できる。

www.ffreturn.net

 

突入待ちについて

f:id:ff11return:20170112150906j:plain

特にパッチ直後のアンバスケードは鯖により非常に混雑している。

f:id:ff11return:20170112151548j:plain

僕が突入した回は26人待ちであった。申請後、50分近く待つことになる。このように混雑しているので待ち時間に本を読んだり、他の事をすると良いだろう。僕はこの間にブログ記事や本を読んだりしている。

 

フェイスの構成

f:id:ff11return:20170112154510j:plain

 今回の相手はフラン族のプリン1体。僕の出したフェイスはアムチュチュ+セルテウス+アプルル(UC)+コルモル+シャントットⅡ(呼び出し順)

f:id:ff11return:20160818125237p:plain

 特に僕がおススメするフェイスはセルテウスだ。プロマシアミッション冒頭から出てくる少年。彼の正体はストーリーをすすめて確認して欲しい。カラフルな羽根を生やしており飛ぶ。

 ナイトでありながらリゲイン性能を持ち、リジュヴァネーション (自身中心広範囲 ・HP25%/MP25%/TP500回復)の性能がすさまじく、全フェイスで最高性能とささやかれてるようだが。武器属性は両手棍(→スレッド:教えて!開発さん!(公式フォーラム)より。)

セルテウスと検索すると、「セルテウス チート」と関連ワードで出るくらいの特出したフェイス性能。特に今回のプリンのような範囲攻撃を使用する敵ではいるといないでは雲泥の差であった。ぜひ星唄ミッションを進めて取得しておきたい。(星唄ミッション澄んだ空の下のクリア報酬

 

フェイスの配置法

 シャントットやコルモルはフェイスのHPが1.5倍キャンペーン中でもHPが低いため範囲攻撃でお釈迦になる時がある。そこで上記のようにシャットットⅡなどの後衛陣が範囲攻撃をもらいにくい配置にした方法を紹介する。

 

f:id:ff11return:20170112161017j:plain

 上図のように敵の真横まで移動して抜刀、よこからまわりこむように戦闘状態に入ると下のSSのようになる。まわり込んで入ることで盾だけ反対向きにできた。

f:id:ff11return:20170112155417j:plain

 ポイントは勢いまわりこむこと。ゆっくり動いては前線と後衛の距離はひらかない。

 

 

 アンバスケード2章 ソロとフェイスでの攻略のヒント

f:id:ff11return:20170112181214j:plain

f:id:ff11return:20170112181252j:plain

攻略情報を見るのもいいが、あなたのログを見る習慣をつけてみよう。何が良くて何が悪いかわかる時がある。1つだけヒントを書くと相手のプリンは物理に弱い時魔法に弱い時がある。これを利用すると難しいでも比較的楽に倒せる。以上だ。

 

 

アンバスケード茶番劇

f:id:ff11return:20170112181744p:plain

フジット「今日の記事は攻略のヒントが少ない気もするであるな^^」

f:id:ff11return:20170112182012p:plain

復帰勢「あれだけで十分だ。1から全てを教えるということは、裏を返せばそいつを信頼していない証拠でもある。こんなブログをわざわざ見にくる探究心のある奴らだ。自力で攻略できるはずだ。」

f:id:ff11return:20170112182620p:plain

シン・ジーン「やっぱり復帰勢さんは私たちのことを信頼しているんですね^^」

f:id:ff11return:20170112183032p:plain

復帰勢「当たり前だ。攻略情報も良いが、マニュアルに頼ってばかりだと、ないと何もできないウンチク野郎になりかねんから注意だな。」

f:id:ff11return:20170112181744p:plain

フジット「・・・(説明が面倒くさいだけなんだろうな・・・w)」

f:id:ff11return:20170112183213j:plain

 攻略情報を見ながら戦うのも悪くない。しかし、実体験の失敗から学んだ攻略法に勝る方法はない。定着度が違う。ソロであれば誰にも迷惑をかけることはないはずだ。できれば1度だけでも挑戦してみて欲しい。とはいえ、失敗を多数重ねることもある。無理をせず余裕が出てきたら上位に挑戦してみると良いだろう。

 もっとも攻略が楽なのは他プレイヤーとPTを組んで進めることである。専用ポイントであるガラントリーも入手できる。それにしてもソロでやると他プレイヤーのありがたみがよく理解できるな。

 

関連記事:

www.ffreturn.net