読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Return to the FF11 !!

FF11復帰勢のblogです

品切れ店続出!本日発売の任天堂スイッチ(Nintendo Switch) 特徴やおススメのソフト

任天堂

f:id:ff11return:20170303161522j:plain

復帰勢です。

本日、ニンテンドースイッチが発売された。

目次

ニンテンドースイッチの特徴


【初公開映像】Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)

ニンテンドースイッチの大きな特徴として、据置(すえおき)機としても携帯ゲーム機としての両方の性能を備えている点である。

(※)
据置機とは?
コンピュータゲームが動作する家庭用ゲーム機のうち、テレビと繋いで使用する製品「テレビゲーム機」とも呼ばれる。例)ファミコン、プレイステーションなど

携帯ゲーム機とは?
携帯可能なサイズに小型化された家庭用ゲーム機・専用ゲームソフトや市場全般を指す分類。携帯用ゲームともいう[3]。スマートデバイスなどの携帯電話ゲーム(モバイルゲーム)は含まれないことが多い。例)ニンテンドー3DS、ゲームボーイなど

据置機は携帯ゲーム機に比べると性能が良くて高性能なゲームを遊べる反面、持ち運ぶことができない。携帯機は持ち運べる反面、据置に比べると性能が良くないので高性能なゲームが遊べなかった。本日発売されたニンテンドースイッチは、2つを合わせて良いとこ取りをしているゲーム機となる。

 

ニンテンドースイッチ発売!ツイッターの様子

f:id:ff11return:20170303151729j:plain

本日、ニンテンドースイッチの発売ということでツイッターを見るとスイッチの話題で非常に盛り上がっていた。トレンドでツイート件数も圧倒的であった。

特に目に付いたのはニンテンドースイッチが買えないというツイート。どうやら初回生産数が200万台だったようで現在はかなり品薄状態のようだ。

初回生産数に関して、米国の任天堂レジー社長はニンテンドースイッチの初回出荷台数について「世界で200万台」だと明言しており、
https://www.wired.com/2017/01/reggie-fils-aime-nintendo-interview/

レジー社長の発言は去年10月の任天堂の君島達己社長が述べた出荷数と一致していることから初回生産数が200万台で間違いないと思われる。
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO08834580W6A021C1LDA000/

store.nintendo.co.jp

さて在庫不足のスイッチであるが、先ほど、マイニンテンドーストアを覗いたところ在庫があった。急がなければこちらで購入するのも良いだろう。

 

 

 ニンテンドースイッチのソフト一覧

www.nintendo.co.jp

 ↑ソフト一覧は公式ホームページにて確認して欲しい。

 

この中で僕が注目したいソフトを紹介していく。

スイッチ おススメソフト

● ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

f:id:ff11return:20170303154211j:plain

f:id:ff11return:20170303160043j:plain

多彩なアクション要素だけではなく、素材を集めたり、武器を作ったり、料理を作成するといったクラフト要素も豊富だ。

f:id:ff11return:20170303200046j:plain

このような景色は爽快だ。リアルだったら高所で生まれたての小鹿のように足がプルプル震えてるかもしれないがw


ゲームセンターDX 「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」

よいこの浜口さんが実際に遊んでる様子を見ることでこのゲームの魅力を垣間見ることができるだろう。

f:id:ff11return:20170303155439j:plain

海外の評価も非常に高い。メタスコアは脅威の98点である。90点以下がひとつもないという記録的なスコアになっている。

f:id:ff11return:20170303160150j:plain

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルドのアマゾン評価も良い。ただし、この記事を書いているのは発売日当日。レビューも少なく真偽性に欠ける。以前、僕が記事にしたFF15も発売日から日が浅い時期はレビューは荒れた。

www.ffreturn.net

 

f:id:ff11return:20170303214633j:plain

僕が感心したのは今作のゼルダは社員300人がガチで1週間ほど実際に遊んで開発を行っている点である。「開発者が遊ぶのは当たり前やんけーw」と思うかもしれないが、忙しさにかまけてそれを怠る開発者も多い。だからこそプレイヤーとの’’ずれ’’を生みクソゲー化するのだ。

今作のゼルダに至ってはプログラマもデザイナーもサウンドも、とにかく全員ということだ。開発者でありながらプレイヤー側になり実際に遊ぶ。フィードバックも多く得られ良作になりやすい。

news.denfaminicogamer.jp

 


ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド 3rd トレーラー

長年ゲームを遊んできた僕もゼルダはまず間違いないなという印象。個人的な好き嫌いもあるだろうが、まさに約束された神ゲーかもしれない。何を買おうか迷っているならばゼルダとあなたの興味のある他のソフトを購入するのが良いと思う。

なお、ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルドはWillU版も販売されている
⇒ ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド(WillU版)

 

以下、僕がおススメしたいソフトは残念ながら2017年3月3日の段階では発売されておらず、今後発売予定のものである。

 

●スプラトゥーン2

www.youtube.com

f:id:ff11return:20170303201234j:plain

2017年夏に発売予定のスプラトゥーン2。インクによる陣取り合戦のようなゲームだがシンプルで非常に遊びやすい。興味があれば前作のスプラトゥーンをネットでググってプレイ動画などを見てみると良いだろう。

www.nintendo.co.jp

 

●スーパーマリオオデッセイ

www.youtube.com

f:id:ff11return:20170303201556j:plain

2017年冬に発売予定のスーパーマリオオデッセイ。約15年ぶりの新作であり「スーパーマリオ64」と「スーパーマリオサンシャイン」のような繋がっているステージを行き来できるのが特徴である。マリオといえば復帰勢も良く遊んだものである。幼少時代であったが何故か狸マリオが尻尾をくるくるまわして飛んでいた姿が頭の中に残っている。

www.nintendo.co.jp

 

プロジェクト“オクトパストラベラー”

www.youtube.com

f:id:ff11return:20170303202400j:plain

我らがスクエ二から「プロジェクト“オクトパストラベラー”」という期待のRPGが発売予定だ。なんと、リメイクの多いスクエニで完全新作ということだ。様々な役割を演じられそうでかなり自由度が高そうである^^

www.nintendo.co.jp

公式ページにはまだ記載がなかったので100%発売されるかどうかはわからないので記載はしなかったがドラクエ11もスイッチで発売予定ということだ。これからのソフトの充実も楽しみなところだ。

 

スイッチ本体の希望小売価格は2万9980円。以下、アマゾンのリンクを貼ったが、アマゾン含めて品薄状態である発売日、ネット上の購入は割高な所が多い。現在ではスイッチ本体は任天堂公式ページであるマイニンテンドーショップが安め。ただし、マイニンテンドーショップは3月3日に予約しても届くのが17日までと非常に遅い。スイッチの追加出荷により3月末には価格が落ち着くと予想できるので、安く買いたければしばらく待つと良いだろう。


Nintendo Switch Joy-Con (L) ネオンブルー/ (R) ネオンレッド

 


Nintendo Switch Joy-Con (L) / (R) グレー

 


ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

 


ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド COLLECTOR'S EDITION