Return to the FF11!!

Return to the FF11 !!

FF11復帰勢のblogです

第35回 もぎたて ヴァナ・ディールが9月8日(金)20:00~に放送決定!

f:id:ff11return:20170905213814j:plain

復帰勢です。

「第35回 もぎたて ヴァナ・ディール」の放送日が9月8日(金)に決定した。

放送日時

9月8日(金)20:00~

 

視聴方法

Youtube Live

www.youtube.com

 

ニコニコ動画

live.nicovideo.jp

 

番組概要

エスカッションとアンバスケードを松井プロデューサーが解説! 一段と磨きのかかった職人の証の新情報、そして藤戸ディレクターによる恒例のソロバトルをお届けします。
15周年関連コーナーでは、「あのNPCと冒険したい! 15周年だもの」の結果を発表予定です。こちらもご期待ください!

本放送は、ニコニコ生放送とYouTube Liveの両方で配信します。ニコニコ生放送のコメントやTwitterを利用して、バージョンアップについて語らいましょう!

 ツイッターにてハッシュタグ(#mogivana)をつけてつぶやけば(ツイートすれば)、もっちー等が放送内で取上げてくれるかもしれない。

【ツイート例】 

 

第35回もぎヴァナの見どころ

35回目のもぎヴァナ見どころは下記事で募集した設置式フェイスの実装されるNPCが発表される。一体どんなNPCでどんな性能のフェイスとなるのか楽しみである。

www.ffreturn.net

f:id:ff11return:20170901160257p:plain

復帰勢「まあ無難なところでレディ・リリスやモンブローあたりだろう。以前の34回目のもぎヴァナだったか、ホームポイントをデザインしたヤローがいたが、実際にあったら便利だし、アイディアが面白かったな。もしもホームポイントなら神フェイスなんだがw」

 

 

FF11について

www.ffreturn.net

www.ffreturn.net

現在、上記事で書いたように僕はFF11は休止中であるが、放送を見て、まとめ記事をかきたいと思う。とりあえずドラクエ11はクリアした。現在、FF12をプレイ中である。

f:id:ff11return:20170906172643j:plainFF11 - Google トレンド

グーグルトレンドを見ると、現在のFF11がどれほどのものか知ることができる。グラフのように、FF11はアドゥリン以降、大きくトレンドを失った。調べるとわかるが、アドゥリン以降、FF11のトレンドはアドゥリン前の半分以下になっている。僕がいない間、何が起きたのかと調べてみたが、急激な変化により、思った以上にユーザーが離れてしまったようだな。とはいえ、過ぎたことだ。仕方ない。

以降は、2013年ごろからずっと横ばいである。今年の5月で大きく伸びたのは15周年を迎えたということもある。僕のブログもこの期間、FF11の記事の検索数が伸びた。

www.ffreturn.net

f:id:ff11return:20170906173714j:plain

この復帰勢のブログもFF11という峠を越し、15年以上前のゲームを題材にしているが、お前らのお陰で今や月間50万程度にはなった。しかし、そんなことはどうでも良い。言いたいことは、この2ヶ月伸びているのは、FF12、ドラクエ11や任天堂スイッチといった、FF11以外の要素のお陰でもある。つまり、FF11は安定はしているが、トレンドにはなっていない。これは現実である。

僕は、気に入らなければ、例えFFシリーズでもFF15のようにすぐ売る。逆に良ければ、今作のドラクエのようにFF11以外でも広めたいと思うタイプだ。ただFF11をまだ遊んだことがない人には、FF11を1度だけでも遊んでもらいたいと思っている。それは、やはりゲームの中の思い出が1番あるし、過去にク○ゲーと言いながらも遊んでいたゲームはFF11くらいだからな。

f:id:ff11return:20170906180633p:plain

現在のFF11は、実際に遊んでみてかなり良くなっていると感じている。プレイ時間が減ったゆえなのかもしれないが、正直、楽しい。

でも無理やりFF11の世界に誘いたくないという思いがある。無理やり誘われるのは、僕自身も嫌だし、自然に「やろうかな」と思うのが、読んでいる人にとっても1番良いと思っている。ゆえに、気に入らなければすぐ止めれるFF11体験版から遊んでみることをおススメしている。

f:id:ff11return:20170904155230p:plain

復帰勢「FF11が良ゲーであることは15年以上も続いている歴史からも明らかである。そして、今もなお、この神ゲーを楽しんでいる者がいることもわかる。この復帰勢もFF11が続くように今後も微力ながら力になれればと思っている。ただし、いくら広めたいと言ってもつまらないものは面白いとは書かない。そこは今後も貫いていく。」