読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Return to the FF11 !!

FF11復帰勢のblogです

FF11に復帰して何をやって良いかわからない人が目安になる4つのこと

FF11 復帰向け

f:id:ff11return:20170118191548j:plain

復帰勢です。

僕がFF11に復帰して5ヶ月目が経とうとしている。以前とは違いなかなか新鮮な気持ちで遊べている。しかし、復帰して1年もすると考え方が変わってくるかもしれない。いい機会なのでたまには復帰して5ヶ月目の僕が思うプレイ日記を書いてみたいと思う。あえて5ヶ月前の自分に向けて書いてみた。良かったら見ていって欲しい。

目次

 復帰後に何をすべきか迷ったら?

 復帰したら以前とは勝手が違い「何をしたらいいか?」など迷うかもしれない。僕はとりあえずミッションからということで三国ミッションなどから開始した。驚くべきことにミッションの内容はだいたい覚えており懐かしい気持ちになった。

 

 復帰5ヶ月目の僕が復帰したての自分にアドバイスをするならば、

・星唄ミッション

・エミネンスレコード

・アンバスケード

・キャンペーン内容にあるコンテンツ

この4つを中心に進めて行く事をおススメするだろう。

 

 

星唄ミッション

星唄の煌めき」という報酬が一定の星唄ミッションを進めることができる。これは所持しているだけで取得経験値が増えたり、呼び出せるフェイスが増えたりと他のミッションに比べて冒険の恩恵が非常に大きい。星唄ミッションは他のミッションをクリアしないと進められない時があるが、そのような場合はその他のミッションをクリアして次の星唄ミッションに進めるようにした。

フェイスだけでも星唄ミッションを進めることで以下のフェイスが入手できる。中でもセルテウスは強敵におススメなチート級のフェイスである。

報酬内容 発生タイミング
盟-ライオンII 第1章 時のない世界
盟-ザイドII 使者ヴォルトオスクーロ
盟-ハルヴァー 第一の定め以降、ドラゴンミッション進行かクリアでドラギーユ城Halverに話しかける
盟-セミ 第一の定め以降、ドラゴンミッション進行かクリアで天の塔のKupipiに話しかける
盟-テンゼンII 第2章 波の向こうに
盟-プリッシュII 候ふ者たち
盟-ナシュメラII 浄化の光
盟-リリゼットII 仮面の一味
盟-バラモア 面汚し
盟-セルテウス 澄んだ空の下
盟-アブクーバ 無頼な風以降、山猫の社長をクリアした後にアトルガン白門(I-10)のAbquhbahに話しかける。
盟-アシェラII 第3章 遺跡の奥に
盟-イロハ 雲ひとつなし
盟-イロハII すべてが星の唄となる

 

 

エミネンスレコード

エミネンスレコード基礎編→ 応用編。すすめることで報酬でIL装備や有効なフェイス等が手に入る。段階を得て徐々に難易度が高くなり報酬も良くなる設定になっており新規にもおススメである。IL119武器なども手に入る。

詳細は過去に記事にしたので下リンク先を参考にして欲しい。

www.ffreturn.net

 

 

アンバスケード

 他の復帰向けの記事を見るとIL117にした後はアルビオン・スカーム-ヨルシア森林などでIL119装備を入手が定説であるが、僕はアンバスケードでも良いと思う。何故ならスカームは突入や防具を強化するのにギルがかかる。新規キャラであればギルを使うのも大変だと思う。

 アンバスケードはギルもかかず、難易度を下げればIL117ソロ+フェイスでも普通に勝てる。さらに一概には言えないが装備の性能は良い。防具等の報酬はこちら⇒ アンバスケード/報酬 - Final Fantasy XI Wiki*。しかも、IL109の敵を倒すことでもIL119の防具が手に入る。NQであればそれほど時間がかからずに手に入る。アンバスケードについての記事は下記事参照。

www.ffreturn.net

 

f:id:ff11return:20170118191612j:plain

 アンバスケードはバージョンアップ直後は混むので待つ可能性がある。上のSSでは僕の突入は431番目、現在は403番目・・・つまり431-403=28PTが終わるまで待つことになる。ちなみに復帰勢の場合は30分は待った気がする。本など読んで時間を潰すか、日を改めると良いだろう。

アンバスケードはガラントリーというPT専用のポイントがある。色々なアイテムが欲しい場合は他プレイヤーとPTを組んで参加すると良い。

 

 

キャンペーン内容にあるコンテンツ

僕が復帰した以前からFF11では毎月のようにキャンペーンが行なわれているようだ。僕自身もキャンペーンの波にのったことがある。例えば、合成スキルアップ2倍キャンペーンがあったので合成を上げたなどの経験だ。

また、特にバトルコンテンツ等は戦利品などが美味しいので現役プレイヤーが集まりやすい。彼らの力も加わり1人では大変な復帰したてのキャラでも容易に勝てる。最初のうちは彼らの力を借りて雰囲気になれると良いだろう。

www.ffreturn.net

キャンペーンの内容は公式ページにて確認できる。他には2017年1月なら「2017年1月 キャンペーン」とネットでピピピと検索すれば良い。

 

 

 その他参考サイト

公式ページにコンテンツガイドたるものがあるので、それに沿って進めていくと良いだろう。⇒ http://www.playonline.com/ff11/contguide/

 

 

最後に

 今回、復帰者が復帰後、何をして良いかわからない可能性もあるので記事にすることにした。あくまでも目安となるような一例であり、合わなければやる必要もない。

 フェイスというNPCや今日紹介したアンバスケードのように近年ではコンテンツの難易度設定も出来るようになったため、復帰者でも大半のソロコンテンツに参加できるようになっている。

 僕が現在ソロで遊んでいるのは1日2時間くらいのソロプレイヤーでも楽しめることを証明するためでもある。実際、ドメインベージョン以外はソロでも楽しめた。

 ドメインベージョンに関しては、過去にドメインベージョンの記事を書いた。グーグル検索をすると記事は検索にはかかるが、タイトルが表示されなくなっている。少々タイトルが強烈だったのかもしれない。話はそれたが、ソロでも大半のコンテンツは遊べるようになっている。 

 FF11を長く遊ぶのであれば、無理にとは言わないが気のある仲間を探して遊ぶのが良いだろう。ただ、現在の仕様ではLSを見つけることも難しいと思う。良かったら下記事を参考にして欲しい。 

www.ffreturn.net

 

 

他関連記事:

www.ffreturn.net