Return to the FF11!!

Return to the FF11 !!

FF11復帰勢のblogです

FF11 ストーリーのネタバレは許せる?許せない?

f:id:ff11return:20160915154249p:plain

復帰勢です。

FF11でも14年の集大成「ヴァナディールの星唄」がストーリー最終章であった。以降、サブストーリーくらいしかストーリーの追加はないだろうが、今日はネタバレについて書いてみたいと思う。今日は、真面目に書いている。よかったら見ていって欲しい。

 

f:id:ff11return:20160915154643j:plain

本日、ペルソナ5の発売が開始された。ペルソナ5というと、アトラスから2016年夏に発売予定のプレイステーション3、プレイステーション4用ソフトである。ディレクターの橋野桂氏曰く、「大都会を舞台に今を生きる若者たちの抗いを描こうとする作品」となる予定であるとのことだ。 

さて、このペルソナ5が発売されたわけだが、「ストーリーのネタバレ禁止」というアトラスからの異例のお願いがあった。ツイッター、ブログ、動画公開、一切の公開が禁止とのこと。ストーリーのネタバレをすれば、罪になり、最悪ブタ箱行き(逮捕)だ。しかし、このような告知がありながら、本日すでに動画放送をしているものが多数いる。ツイッター上でのツイートなどは無数にあるな。これら禁止行為を犯すのは、特に若い子が多い。彼らは目立ちたいという気持ちが強すぎる。ニコニコ動画に関しては処置がなされているようだが、今後も対処に追われるであろう。

ペルソナに関しては、過去作もこのようなネタバレがネット上に出ていた。多くは、発売日後すぐに出ていたようだ。前作のペルソナ4の「犯人は●●」などが典型例だ。

なお、僕はゲームに関してはネタバレ許容派。ネットをみなければ良いだけだし、結果がわかってもプロセスは楽しめるという理由だ。ただ、ネタバレを許せないこともある。スポーツの結末はドラマや映画などと違って、「結果」そのものを楽しみにするものという考えが僕にはある。スポーツに限り、先に言われてしまっては嫌だ。

それにしても最近は、情報がネットに出るのが早い。聞きたくもないのにLSメンバーにネタバレされたものもいるだろう。しかし、ネタバレは決して悪意があって言うものは少ないと思う。人間には、自分が持っている情報を他人に伝えたくなる衝動がある。そして、情報を伝えて、驚きの反応を見るのが楽しい。あなたもないだろうか?

さて、ネタバレに関して、FF11の世界では罪になることはない。それでも、FF11のプレイヤーないし、情報公開者は、よく気がつくというか、全体的に配慮がある印象がある。さすがとしかいいようがない。14年以上も続いている片鱗がプレイヤー側からも見られる。FF11用語辞典などもネタバレ項目とそうでないものに分かれている。(例 プロマシア/FF11用語辞典 ←この下にある関連項目にネタバレがある。)

面白い記載があった。ネタバレを許す?許さない?の考え方の違いは、脳、つまり、あなたが持つ記憶の傾向により違いがあるようだ。

人間の記憶能力にはエピソード記憶意味記憶があるが、ネタバレを許容するかにも記憶の傾向が結構影響する。エピソード記憶中心の人は「初見でどういう感情を抱いたか」を重要視するので、それを損なうネタバレを強く嫌う。

一方意味記憶中心の人は、初見ではあまり感情を抱かず、何度も見たり考えたりして脳内に意味ネットワークを少しずつ構成・強化していくことに楽しみを見出し、意味ネットワークの成長とともに感情も湧き起こってくる。ネタバレもそのプロセスの一部として許容されやすい。

エピソード記憶に強く依っている人と意味記憶に強く依っている人で感想を語り合うのには困難が伴う。エピソード記憶が強い人は見た瞬間に強い感情を抱くので、それをその場で語りたがる。しかし意味記憶の強い人はその段階ではまだ意味ネットワークができておらず、感情も感想もあまり持っていない。

togetter.com

 

ネタバレに関しては、人によって感じ方も違うので、どこまでがネタバレかは非常に難しい。ネタバレのつもりはなくても、相手はネタバレに感じることもある。「犯人は●●」みたいなものは問題外だがw なんにせよ、楽しみにしている人がいることを常々念頭に置く必要がある。

また、情報を見る側も注意を払う必要はあるだろう。基本、FF11では注意を払えばネタバレを知ることは防げる。街中で「星唄の最後のボスは●●」などと会話する人は皆無に等しい。ラジオなどで流れてくることはまずないw LSメンバーなどからネタバレを防ぐには、しばらくLS活動を休めばいい。フレなら会わなければ良い。相手にそれを伝えれば許容してくれる者も多いであろう。ブログ、ツイッター、ネ実などに関しても同様。まず見なければいい。ツイッターに関しては、RTで見たくない情報も流れてくる。フォロワーがネタバレしなくも、決して安心はできない。そもそも、ネット上でどサイトを見るかの選択権はあなたにある訳だから、ネタバレが見たい人は見ればいいし、ネタバレを一切見たくない場合は、さっきも言ったように公式サイトだけ見てればいいと思う。

 

 さて、本日発売のペルソナ5だが情報規制もあり、情報は少ない。ネット上では、ファミ通では39点と高く逆に不安視されたが、ネット上での評判は非常に良い。非常に長く遊べるようでクリアに80時間、やりこみで無限大に遊べるとのことだ。今作はかなりダークな作品のようだが・・・

僕は、実はペルソナ3、ペルソナ4を過去に遊んでいる。ペルソナ4をはじめて買った。リア充(リアル充実)の主人公を操作するのだが、「爆発しろ!」という感覚は起こらず、想像以上に面白かった。FFに勝るとも劣らないBGMも良かった。そして、ペルソナ3も購入したという流れだ。近作のペルソナ5も値が下がってきたら買う予定だが、ネットの評判をみると今すぐ買いたくなってくるな・・・w ハイカラ(死後?w)な世界観がFF11のプレイヤーも楽しめる内容になっていると思う。興味のある人は遊んでみるのもいいだろう。そうそう、PS3版とPS4版がある。間違えないように注意。

 

 

 


ペルソナ5 - PS4

 


ペルソナ5 [PS3]