Return to the FF11!!

Return to the FF11 !!

FF11復帰勢のblog。不定期更新。初期組。元スーパーグレードミラクル竜騎士。元彫金(現革細工)。元HNMLS首領。PT誘われず1週間以上放置。外人にイエスキリストの踏み絵よりも踏まれる。LSリーダーでバブられる。最高月間PV100万越え(DQ11記事のお陰w)

信長の野望・大志 評価と感想、初心者おすすめ勢力など ~積みゲー消化・復帰勢の休日~

f:id:ff11return:20170922152457j:plain

復帰勢です。

前作の「信長の野望・創造 戦国立志伝」を遊んでいて面白かったので購入した。

そこで、本日も前作のようなレビュー記事を書いてみたいと思う。

 

 

信長の野望・大志 評価

83/100点満点

 

点数から。正直、前作なみに面白い。

なお、僕は内政苦手、戦闘好きタイプである。

 

www.ffreturn.net

 

 

良い点

委任機能の向上

今回、前作の創造のように軍団長に任せることはできない。

ゆえに、支配国が増えてくると内政等が面倒になる。

 

そこで、便利なのは委任モード。特に後半に重宝する。

設定により、新たに城を取った時、武将の移動等を自らでする必要がなくなる。 今作は、前線に戦闘の強い武将などをきっちり配置してくれて、かなり嬉しい委任になっている。

 

更に戦闘の操作も委任(省略、結果のみ)が可能になっている。

 

 

戦闘が面白い

f:id:ff11return:20180331151447j:plain

今作は戦闘が非常に良く出来ていると感じた。

 

まずは場所により出せる兵の上限が決まっている。

 

例を挙げてみよう。

 

f:id:ff11return:20180331151626j:plain

信長の兵が51387いる。しかし、この場所で戦うと19000までしか出せない。

しかもは毎ターン敵の士気を上げる砦があるので、不利な状況で戦うことになる。

 

f:id:ff11return:20180331152017j:plain

逆に山中鹿之助軍は19600の兵であるが、地形効果のために対等の兵で戦える。

さらには毎ターン味方の士気を上げる砦があるため有利な状況になる。

 

f:id:ff11return:20180331154445j:plain

実際、戦闘が開始すると、このように同数の兵で戦闘開始になる。上限3000くらいの場所もあるので、小勢が大軍を打ち負かすことも可能になる。

 

f:id:ff11return:20180331152733j:plain

じゃあ19000しか入れないエリアでは、大軍は不利?というとそういうわけではない。戦闘中に1歩も動かなければ少しずつあふれた兵が合流して戦闘に参加できる。

 

f:id:ff11return:20180331152932j:plain

動かないと徐々に兵は増えていく。しかし、動かなければ相手の砦で敵の士気が上がり、不利になるので負けやすい。

 

f:id:ff11return:20180331151933j:plain

そして、地形によって特定の部隊の兵科が有利になることがある。

 

f:id:ff11return:20180331154132j:plain

オレンジ枠が砦、戦場に3つあり内政で設置できる。敵の領地は砦が築かれていることが多く厄介。

 

総大将を壊滅したり、士気が一定まで下がると、どんな大軍でも敗北する

よって大軍でも油断できないし、小勢でも大逆転ができるチャンスがある。

 

f:id:ff11return:20180331154936j:plain

また、武将の能力や、今作にある大名の「志(こころざし)」次第で味方の兵が強くなることもある。

上杉謙信などは、大名時に戦場に彼がいると「志」で部隊の士気が大きく強化されるので厄介。更に特定の条件下で「越後の龍」という固有アビリティが発動して、もともと強い謙信が更に強化される。

 

f:id:ff11return:20180331155725j:plain

 信長を最後まで苦しめた集団雑賀衆の鈴木重秀の「八咫烏(やたがらす)」。彼も固有アビリティとして自動発動する。劣勢時に自動射撃をするので厄介。

また固有アビリティだけでなく、特定の戦法で発動できる固有のものもある。

 

f:id:ff11return:20180402112112j:plain

徳川も家康が大将だと徳川四天王(酒井忠次・本多忠勝・榊原康政・井伊直政)の能力が「ちと上がりすぎじゃない?」というくらい大幅に上がって攻めづらかった。

 

とにかく、地形、士気、武将の能力次第の影響が大きく、小国相手でも油断できないようになっている。

 

 逆に言えば、圧倒的な兵力の差があっても地形、武将等を利用すれば、小国でも大国に勝てるジャイアントキリングが楽しめる。

 

また、戦闘を毎月ずっと行なっていると士気が下がって兵が逃げたり、前作同様に兵糧を消費して兵糧不足に苦しむ。

ずっとパワープレイのみを続けても上手くいかない。そういった面も非常に良い。

 

他には、前作の創造であった勝手に動く部隊(AI)がいなくなって良かった。

 

 

歴史イベント

往年のファンは知っているかもしれないが、今回も「へえ」と思うような初めてみたようなイベントが起こり楽しい。

毎度毎度、信長の野望では主に人物に焦点をあてた新しいイベントがあるので感心する。プロデューサー:シブサワコウさんはじめ、制作スタッフは本当に歴史が好きなんだなと感じることができる。

 

 

細部のこだわり

例えば、兜1つにしても顔全部を覆う総面(そうめん)、鼻から下をおおった面頬(めんぽお)、アゴを守る半頬(はんぽお)猿頬(さるほお)、額から頬を守る半首(はつぶり)などがゲーム内でも表現されている。

 

www.famitsu.com

NHKの大好評だった大河ドラマ「真田丸」に技術提供を依頼されただけはある。

 

 

キャラクターが良い

f:id:ff11return:20180331165107j:plain

↑創造版

 

f:id:ff11return:20180401111847j:plain

↑大志版

一部のキャラクターがカッコよくなってて良い。

上は南部晴政。「志」の「満ちゆく月」は、家督を継いでから「三日月の 丸くなるまで 南部領」と謳われた南部氏の最盛期をあらわしている。

なお、晴政は、鷹狩りの際に田んぼを通りがかった時、自分の服に「おめでたいことです」と泥を塗りつけた女性を斬らずに嫁にしたという逸話がある。

 

f:id:ff11return:20180331170232j:plain

大浦(津軽)為信も彼のあこがれの三国志の「関羽」のように、前作より髭が立派なっていて格好良い。

 

f:id:ff11return:20180331183222j:plain

今井宗久のように中には変わったキャラもいるw 

DLCで無料ダウンロードが可能。

 

f:id:ff11return:20180331183612j:plain

三国無双の許褚ぽい?

 

 

悪い点

内政面が簡素

内政好きな人には、非常に簡素で不満が残るかもしれない。商圏もただ広げていくだけで面白みがなかった。

3月のアップデートで細かい指示がだせるようになり、多少充実した。

 

わかりにくい

f:id:ff11return:20180331163158j:plain

PS4版だと普段のコントローラーの関係から「○ボタン」で決定、「×ボタン」でキャンセル(戻る)ができるのかと思ってしまう。この場合、小さいマークでわかるように決定は△ボタン、戻るは×ボタンを押すことになる。

 

f:id:ff11return:20180331161343j:plain

また、上のようなボタンもあった。これは△ボタンで「○」を選択するので見た目と違って分かりづらかった。慣れるとなんてことはないが、不親切だと感じた。

 

f:id:ff11return:20180331171404j:plain

またゲーム開始前にシナリオ設定があるのだが、前作よりこれまた分かりづらい。

 

f:id:ff11return:20180401113209j:plain

シナリオ設定は、PS4だと上画面でオプションボタンを押さないと出てこない。PC版は上画面の赤枠の部分をクリックする。

厄介なのは、ここで設定しないと2度と変更ができないのだ。途中で変更ができないなら前作のように勢力を選んだら、強制的にシナリオ設定画面にいくようにして欲しかった。

 

 

鉄砲ゲー

アップデートで鉄砲が強化されたようだ。

 正直、士気を大幅に減らせる効果のある鉄砲が強すぎた。

 鉄砲が使えない雨が思ったより来ないため鉄砲ゲーだと感じた。

 

 

陣形・動きが読める

こちらが勝てるように読めるように設定していると思うが、敵の陣形がわかり、動きが読みやすい。例えば、大将が部隊の先頭にいる時は本陣突撃などすぐにわかる。もっとも、敵の本陣突撃はかなり強く嫌な陣形である。味方がばらばらだと壊滅しやすい。

信長の野望シリーズは往年のファンも多くゲーム慣れしているので陣形が全く見えなかったり、動きも全く読めないモードもあっても良かったと思う。

 

 

信長の野望・大志 評価について

f:id:ff11return:20180331181715j:plain

アマゾンの大志の評価をみると非常に悪い。

あなたがやりこんだ他ゲーのアマゾンレビューなどを見るとわかるが、悪意のだけのレビューもある一方で「本当にやりこんだな」とわかるようなガチレビューもある。

僕は信長の野望の往年のファンではないが、僕自身15年以上続くオンラインゲームで遊んでいることもあり、レビューの中にガチのファンが悪い評価をつけている人がいることがわかる。ガチのファンだからこそ厳しい。

そして、僕もFFシリーズが好きで最新のFF15が微妙だったので、面白くなかった時のがっかりした気持ちはとてもわかるし、実際、遊んでみて彼らのレビューのように感じた部分もある。

 

信長の野望・大志 | アップデート

現在、大志は2018年の3月に大幅にアップデートされた。

最近も3月30日に行なわれている。

 

その3月30日までのアップデート段階のものを遊んで「83点」という評価になった。

 

信長シリーズはPK版まで待つのが王道ルートになっているが、良いタイミングで買えて良かったと思う。発売日に買っていたら評価は下がっていたと思う。

 

往年の信長ファンには完璧とはいえないかもしれないが、僕は楽しめている。

それは遊んでいて気がついたら、いつの間に朝方になっていたことからも楽しめていることがわかった。この感覚は久々である。まだ遊びたいので売るつもりはない。

 

 

初心者おすすめ大名

・北条

・毛利

・武田

・上杉

・織田

・島津 

など

 

f:id:ff11return:20180331171650j:plain

基本的には、上図で赤枠で囲ってある「国力」の順位が高いところを選ぶと楽。

今作は北条が強い。

・・・というより周辺国が弱い。頼みの佐竹家も義重が当主(1567年~)になるまでは弱いので、今川や武田と組んでいる三国同盟中なら周りは雑魚だらけで余裕で勝てる。

他家プレイ時には、必ず北条が勢力を伸ばすくらい今作は優遇されている。

 

問題があるとすれば、氏康が1571年ごろに寿命で死ぬ可能性が高いこと。氏康の子供の氏政の代のシナリオでは若干難易度が上がるかもしれない。

 

 

f:id:ff11return:20180331172445j:plain

上杉謙信も軍神と呼ばれるだけあって戦闘で有利な特性があってやりやすい。

「志」の特性

毘沙門天の化身・・・大名自らが出陣すると全部隊の士気が上がる

軍神・・・大名部隊潰走時に一度だけ士気が全回復し戦況減少がなくなる

遠征・・・ 行軍時の兵糧消費が減る

合戦に重要な士気が下がりにくい。

ただし、大名自らが出陣しないと部隊の士気が下がる欠点もある。

 

 信長の野望大志プレイ ~復帰勢の休日~

f:id:ff11return:20180331172947p:plain

とりあえず購入、遊んでみた。シナリオは6つ。

 

f:id:ff11return:20180331170923j:plain

初見ということで1560年の織田家を選択。国力27位で弱いが、桶狭間の戦いがすぐに起こるので問題ない。最初の武将の選択画面が格ゲーのようになっていて少し笑ったw

 

チュートリアルなどにも手間取ったものの、1560年以降の織田は「桶狭間の戦い」をはじめ、浅井家の長政との婚姻同盟など織田に有利なイベントが次々に起こる。

初見でも非常にやりやすい印象がある。

 

 

f:id:ff11return:20180331173954j:plain

そして、織田といえば優秀な武将たち。木下藤吉郎(豊臣秀吉)をはじめ、次々と有利な案を提案してきたり、合戦で使える作戦も多い。

 

f:id:ff11return:20180331173630j:plain

信長は「楽市楽座」ができ、金銭的にも有利。資金が豊富になるために織田家は鉄砲を揃えやすい。大志は鉄砲が非常に強い。

上画像は1人を囮にして敵全体を左右ではさみこんで鉄砲隊で砲撃したもの。こうなると雨が降らない限りは勝利の可能性が高い。

 

f:id:ff11return:20180331184008j:plain

何とかクリア。

終盤、大軍で進行しても地形等の条件が悪いと普通の難易度でも士気が下がって敗走することがあった。最後まで油断ならない。

 

f:id:ff11return:20180331184244j:plain

クリア後、新シナリオ「群雄集結」が追加されていた。

今度は小国で武将が強い真田家、鈴木家あたりで遊ぼうかなと思っている。

 

 

信長の野望・大志を安く購入する方法

僕は基本的にパッケージ版を買う。なぜなら気に入らなければ売れるからだ。ダウンロード版は速攻でプレイできるが、買っても売れないのが難点である。

もっとも1度購入した電子書籍やダウンロードゲームが売れる技術が水面下で開発されているので、将来は売れるようになるのかもしれない。

 

f:id:ff11return:20180331180700j:plain

現在、アマゾンでは4100円だった。マーケットプライスで買うと安い。

マーケットプライスは、他店の中古品などを販売している。記事にした時の最安値は3300円であった。マーケットプレイスは上の赤枠で囲ってあるような位置からいける。

「新品の出品」「中古品の出品」の箇所である。

 

f:id:ff11return:20180331180825j:plain

なお、僕が購入した時は2400円であった。

キャプテンブックスという所は大丈夫だと思う。

 

マーケットプライスは、在庫状況等に応じて数日で価格が大幅に動く。大志は3月8日の大幅アプデ後に徐々に評価が上がり始めたようである。

 

ushigyu.net

マーケットプレイスには詐欺が多いので、上記事などを見て注意して購入して欲しい。

 

 

一方、売る場合、店頭売却よりもネットオークションなどの方が高く売れる。

例えば、マーケットプレイスで売れば中古で3300円以上。2400円で購入した僕は、今売れば利益を出しながら大志が遊ぶことができるということになる。

 

マーケットプライスが面倒な人は「宅配買取」を頼むと良い。

あなたがヤ●ザなら査定額は高いだろうが、基本的に店頭査定は人を見て決める。店頭だと何かと理由をつけられ割安になることがある。

しかし、宅配買取は人を見ないので平等である。よって店頭査定より高く売れる場合がほとんど。店に行く必要もないので楽である。

 

 

信長の野望・大志 - PS4

 

 

信長の野望・大志 Windows版

 

 

信長の野望・大志 - Switch (プラットフォーム : Nintendo Switch )